• このエントリーをはてなブックマークに追加

医療用ウィッグは人毛か人工毛か

医療用ウィッグを選ぶ際、まず考えなくてはならないのが毛質です。医療用ウィッグには、人毛、人工毛、どちらもミックスしたものと、種類があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、特徴を押さえたうえで、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。ウィッグは一度買ったらそれでおしまいなのではなく、お手入れが必要なことや、経年変化があることも忘れてはなりません。自分の髪と同じように、常に手入れをしていかなくてはならないのです。失敗せずに気に入ったものを選ぶには、先に特徴を知っておくことが重要になります。また、つけていることを知られたくない方がほとんどです。そのためには、より自然で、自分にマッチしたものを選ぶことで、つけていることを感じさせずにすみます。

人毛と人工毛のお手入れの違いはなに

医療用での使用となる場合は、毎日つけることになることが多いと思います。毎日使用するので、汗やほこりで汚れます。自分の髪と同じようにシャンプーをして、乾かさなくてはいけません。まず、乾く速度に違いがあります。人工毛は、すぐに乾きます。またへアスタイルの形状がしっかりとついていることが多いので、シャンプーをしてもカール部分などの形状が変わらないことが多いようです。毎日、同じヘアスタイルにしたい場合には向いています。また、使用しているうちに人工毛はどうしても、質感が落ちてきてしまいます。使い続けるうちに毛先がチリチリになってしまうのです。こうなると補修はできないので、新しいものを別に購入する必要ができてしまいます。人工毛はお手入れは楽だけれど、一度傷むと補修できないのが特徴です。

つけていることを感じさせないのはどっち

必要に迫られてつけることになった場合は、できることなら人に知られずに使用したいですよね。その時に大きなポイントになるのが自然さです。つけている時に自然さがないと、どうしても髪にばかり目がいってしまい、そこばかり気になってしまいます。自然な髪の毛は、天気などの条件によって多少変化をします。そういった、毎日きっちり同じではない髪、といったことも自然さにつながってくるでしょう。そういった自然さを演出できるのは人毛に限ります。経年変化がありますが、それもカラーリングするなどのお手入れ方法があります。毎日時間をかけて乾かすことも、愛着につながりますし、試してみたいようにヘアセットができる楽しみになります。そういった手をかけて楽しめることも魅力のひとつです。

ピックアップ記事

医療用ウィッグは耐久性が高いものがおすすめ

医療用ウィッグは耐久性が高いものを選ぶと安心です。何故ならこのタイプのかつらは、病気や怪我などが原因で髪が抜けてしまったり無くなってしまっている人が使うものであるため、毎日着用することがほとんどで、丈...

医療用ウィッグは人毛か人工毛か

医療用ウィッグを選ぶ際、まず考えなくてはならないのが毛質です。医療用ウィッグには、人毛、人工毛、どちらもミックスしたものと、種類があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、特徴を押さえたう...