• このエントリーをはてなブックマークに追加

病気でもおしゃれを楽める医療用ウィッグ

抗がん剤の治療などで、脱毛が起こってしまうことがあります。女性男性問わず、髪の毛がなくなってしまうことは、精神的な苦痛にもなりますし、それによって外出しづらくなることもあります。今までアクティブだったのに、引きこもってしまうことになる場合もあります。入院中であれば、面会を受けたくないというケースもあります。
そこでおすすめなのが医療用かつらです。ちなみに、おしゃれ用のものとは少し異なります。おしゃれ目的で作られているものは、髪の毛がある状態で着用するようにできていますが、完全に脱毛が起こってしまった時に違和感なくつけることができるように、きちんと作られていますので安心です。
今まで通りにおしゃれを楽しむこともできますし、抗がん剤の治療前に購入することをおすすめします。

医療費控除は基本的には対象外だけど諦めないで

基本的に医療費が控除となる項目は、治療費、通院費、薬代に関しては適用となりますが、予防や美容目的となりますと、控除の対象外となります。
医療用ウィッグは、そのため基本的には控除になりません。税務署でも、確定申告の際に出しても普通でしたら対象外となってしまいます。しかし、例外が有りますので諦めないでください。
それは、医師からそれを使う必要があると診断された場合です。たとえば精神的な苦痛によってのデメリットがある場合と診断されたり、その内容に関しては個人差もありますが、医師にも相談してみることをおすすめします。
診断書に記載があれば、医療費控除の対象となりますので、諦めないで医師に相談をしてみましょう。あくまでも例外となりますので、確実ではありませんが参考にされてみてください。

ウィッグは抗がん剤治療を行う前に購入するのが良い

抗がん剤の治療などを行いますと、副作用として脱毛が起こるケースがほとんどです。これは、医師からも言われることかもしれませんが、確実に起こるという場合もあります。ですから、髪の毛が抜けてしまってからウィッグを購入するとなると、通販などを利用すればよいのかもしれませんが、試着などもして購入したいということでしたら、まだ元気で体力もあり、外出もしやすい時に準備をしておくと安心です。
いざ脱毛が起きてしまっても、対策があるという安心感もあります。
髪の毛が抜けてしまいますと、特に女性は精神的にもショックを受ける方も多いので、あらかじめ心の準備も含めてしておくと良いでしょう。ヘアスタイルなども豊富にありますし、自分にあったもの、またこの際イメージチェンジで購入するのも良いでしょう。

医療用のウィッグならプリシラ公式通販サイト 直営店は全国5店舗!WEBサイトは全国どこへでも配送&平日17時までのご注文で当日発送いたします♪ プリシラウィッグは原宿に1店舗・関西4店舗展開中 月に一回キャンペーンを実施!毎月変わるキャンペーンなので会員登録をして見逃さないようチェック! ウィッグなら地毛に関係なくいつも好きな髪型に! 不定期追加でプリシラ梅田サロン専属美容師がカットしたウィッグをWEB限定で販売。

ピックアップ記事

医療用ウィッグは耐久性が高いものがおすすめ

医療用ウィッグは耐久性が高いものを選ぶと安心です。何故ならこのタイプのかつらは、病気や怪我などが原因で髪が抜けてしまったり無くなってしまっている人が使うものであるため、毎日着用することがほとんどで、丈...

医療用ウィッグは人毛か人工毛か

医療用ウィッグを選ぶ際、まず考えなくてはならないのが毛質です。医療用ウィッグには、人毛、人工毛、どちらもミックスしたものと、種類があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、特徴を押さえたう...